唾液や間接キスでもうつるクラミジアにはジスロマック

性感染症はいくつかの種類がありますが、その中でも感染者数の多いのがクラミジアです。クラミジアは原因菌であるクラミジアトラコマチスによって発症します。このうち、目に感染して炎症を引き起こす場合にはトラコーマと呼ばれていますが、現在の日本では衛生状態が改善したため、トラコーマの発症はほぼなくなっています。一方で原因菌がなくなったわけではなく依然として存在しており、直接接触することで感染することが知られています。
クラミジアトラコマチスの感染経路としては原因菌が含まれた体液に接触することで発症します。存在する場所は、膣や子宮、男性の尿道のほか咽頭に住み着いており、性的な接触によって唾液などの体液を通じて感染します。基本的には濃厚な接触によって感染することになりますが、原因菌が存在していれば間接キッスでも感染するリスクがあります。
症状としては、主に炎症になりますが、女性の場合子宮内で炎症を引き起こすことで不妊症や子宮外妊娠の原因にもなります。子宮内の炎症はそれほど痛みが発生しませんが、重症化して周辺に炎症が広がった場合には激しい痛みを発生させます。男性の場合には自覚症状がそれほどなく不快感程度とされます。いずれにしても自覚症状が出にくいため、それが感染を拡大させる要因となっていますが、女性が感染した場合で重症化すると大きな不利益を被ることになります。

クラミジアの治療薬はいくつかありますが、そのひとつがジスロマックです。ジスロマックは、クラミジアのほかマイコプラズマなどの他の細菌に対しても効果のある薬で、性器クラミジアに関しては1回の服用で原因菌を退治することが可能で、副作用も少ないメリットがあります。