尿道炎には高確率でジスロマックが処方される

性行為をした後に尿道炎になってしまった場合、性感染症にかかっている可能性が高いものとなります。
必ずしも性感染症とは限らず、雑菌が入って尿道炎になるということもありますが、どちらにしても尿道がムズムズするような感触があった場合、そのままにせずにすぐに治療を開始するようにしましょう。

性感染症であった場合、放っておいても自然に治るものではないので症状が悪化することはあっても治ることがないので、直ぐに治療をすることが大切です。
尿道炎の治療と言っても特別難しいものではなく、薬の服用によって治療が行われます。
現在では高確率で処方される薬がジスロマックとなっていて、尿道炎の原因となる菌に対して高い効果を期待することができるので、最初に選ばれやすいものとなっているのです。

ジスロマックは幅広い菌に対して効果のある薬で、一度飲むと一定期間効果が持続するという特徴があります。
多くの抗生物質は効果が持続するのが数時間から一日程度しかありませんが、ジスロマックの場合一週間程度持続するのでその間にしっかりと尿道炎を治すことが出来るのです。
毎日飲み続ける必要がある薬の場合、飲み忘れてしまったり調子が良くなってきた時に薬を飲みきらずに勝手にやめてしまったりすることも多く、それが原因となって治療が不完全になり耐性菌が生まれてしまうことになります。
耐性菌が生まれると再発をした時に、それまで使っていた薬が効きづらくなってしまい治りにくくなってしまうのですが、ジスロマックを使えて飲み忘れや途中で服用をやめるということがないので最後までしっかりと治療をすることができるので、治しやすい薬となっているのです。
しかし、治ったかどうかは検査をしなければわからないのでジスロマックを飲んだ場合でも、検査を受けることが大切です。