空咳やできものなどの感染症対策にジスロマック

感染症というのは、体内に微生物が侵入して増殖をはじめて、それが原因となってさまざまな症状をひきおこす病気を総称したものといえます。
かぜやインフルエンザなども感染症の一種であり、病気のなかでも誰もがかかりうるものといえますが、その原因となっている微生物には、細菌、真菌、ウイルスなどのさまざまものがあります。
こうした感染症にかかってしまった場合ですが、患部となっている部分に炎症やできもの、痛みが生じたりするほか、高熱、だるさのような全身的な症状があらわれることもあります。
また、微生物のなかでも特殊なものとして、細菌でもウイルスでもない、その中間のような大きさと組織の複雑さをもっているマイコプラズマとよばれるものがありますが、この微生物が原因となるマイコプラズマ肺炎は、空咳が続いてとぎれず、生活に支障をきたすというのが大きな特徴となっています。
これらの感染症には、抗生物質のような、細菌の増殖を止めるはたらきのある医薬品を投与することが有効です。
たとえば、ジスロマックという抗生物質は、マクロライド系という比較的新しく登場した世代のものです。
一度服用すればある程度の長時間にわたって効果を発揮するため、主として細菌やマイコプラズマが原因となっている感染症の治療のためにしばしば用いられています。
このジスロマックは、他の抗生物質にくらべると、副作用が起きることも少なく、胃腸が弱いタイプの人に、まれに腹痛や下痢などといった症状があるという程度です。
ただし、病気の種類によって、服用する回数や量などの微妙な違いがありますので、医師、薬剤師の指示や、添付文書に書かれている注意事項、用法用量にしたがうことが重要です。